9月13日遺言と死因贈与の戦略的活用法セミナー レポート

2014年9月13日(日)、民事信託セミナー第3回「遺言と死因贈与の戦略的活用法」を開催いたしました。

image2

前半は河合保弘先生による講義、後半は2人1組でのヒアリング実習と5人1組でおこなうグループワークでした。

image12

ヒアリング実習は、一人が話を聞き出す行政書士などの専門家役、もう一人は相談に来た社長役に分かれ、社長役が持っている設定資料の内容を聞き出すというもの。

image

 

 

 

 

image5

グループワークは設定資料の内容を検討し、ご依頼人に対して提案すべき遺言や死因贈与、そして信託の構成をまとめ、最後に各班の代表が発表するというもので、とても盛り上がりました。

 

今回初めての実習形式でどうなるのか不安でしたが、とてもうまくいったのではないでしょうか。

講義で聞くだけではなく、設定に合わせてプランを組み立てていく作業はとてもいい訓練になりますね。

これから実習形式のセミナーを増やしていきたいと思っています。

ご参加いただいた皆様、そして河合先生、ありがとうございました!