行政書士試験おすすめ書籍1 国家資格受験のためのよくわかるシリーズ(憲法・民法・行政法)

 

 

IMGP4647-1

こんにちは。こはくです。

今日は行政書士受験生のときにママが使っていた本を紹介します。

自由国民社さんから出版されている「国家試験受験のためのよくわかるシリーズ」です。

このシリーズは、箇条書きや図などはあまり用いず、とにかく平易な文で全体が構成されているけど、受験に必要な知識はしっかりと網羅されているという凄い本なの。

ママがずっと基本テキストとして使っていました。

単純に読み物として読めることが、ママにとっては良かったみたいです。

特に、つまらないつまらないといわれる行政法が楽しくお勉強できたのは、この本のおかげらしいですよ。

民法と行政法のテキストは確かにぼろぼろになっています。

つまりは、ママの血と汗と涙と、そして、こてつのよだれがしみこんでるんですね。

・・・ばっちい☆

ちなみに、行政書士試験に関係ない民事訴訟法の本もあるのは、司法書士試験を受けようか迷ってた時期があるからで、まだほとんど読んでないみたいですよ。

駄目人間ですね。