任意後見契約と一緒に結んでおきたい他の契約  



1. 見守り契約

任意後見契約と一緒に結ぶ契約です。

定期的にお会いしたり、お電話をすることによって、

そのときのご依頼人様の状況を確認し、必要に応じて適切な対応を行ってまいります。

ペットがいらっしゃる場合は、ペットも含めて見守りいたします。  

 

2. 財産管理等委任契約

判断能力に問題はなくても、

入院や病気などによって体が不自由になってしまった場合に、

ご依頼人様のご希望によって効力が生じる契約です。

ご本人様に代わって、金融機関とのやりとりや費用の支払いなど

財産管理に関することを行います。

もちろん、当事務所では、ご本人様がペットが飼っていらっしゃる場合には、

ご指定の場所にペットを預けるなど、ペットが快適に過ごせるように配慮いたします。

 

3. 任意後見契約

精神上の障害(認知症・知的障害・精神障害)により判断能力が不十分となった場合に、

受任者に自己の生活、療養看護および財産の管理に関する一部または全部について

代理権を付与す委任契約です。

受任者の申し立てにより任意後見監督人が選任されたときから契約の効果が生じます。  

 

・出来ること 財産管理に関する法律行為

       生活または療養看護に関する法律行為(介護サービスの契約など)

       ペットが快適に生活できるようにあらかじめ指定された手配をすること

・出来ないこと 介護などの事実行為  

 

4. 死後事務委任契約

ご本人様が亡くなられた後、

ご希望の形の葬儀や残ってしまった入院費などの未払い債務の支払い等を代わって行います。

ご希望される埋葬の形式などがある場合にも死後事務委任契約をおすすめいたします。  

 

・死後事務委任契約で出来ること

埋葬 墓石建立 菩提寺の選定に関する事項

未払い費用などの支払い

不必要な生活用品の処分

施設入居一時金の受領

ペットが快適に生活できるようにあらかじめ指定された手配をすること

など

 

5. 遺言

認知症が進んでしまいますと、有効に遺言書を残すことが難しくなってしまいますので、任意後見契約を結ぶ際に、一緒に作成されることをお勧めいたします。  

 

6.認知症対策の民事信託

認知症の発症や後見の開始により、契約や不動産の売買、贈与といったことが、

ご本人様ご自身では出来なくなってしまうことがあります。

ご本人様の判断能力が衰えた場合に備えて、信託を活用することにより、

不動産の売買や贈与といったことが続けられます。