民事信託



民事信託あるいは家族信託は、

他にはない自由性のある財産管理・財産承継の方法の一つとして、

近年注目を集めています。

 

この信託という制度は、日本では長らく信託法による制限が厳しかったために

広まりをみせる事がありませんでしたが、

2007年の信託法の改正により、

誰でも行う事ができる私達にとっても身近な制度になりました。

 

現在では、その利便性を生かした福祉信託や認知症対策信託というような

新しい信託の仕組みが生みだされ活用されています。

 

難しそうな印象を与える「信託」という制度ですが、

信頼できる人に財産を託すことで、

ご自身や大切な方やペットの生活を守ろうとする契約だと思うと、

すこし身近に感じられないでしょうか。

 

信託が望んだ形で運営されるためには、

ご依頼人様や受託者様との打ち合わせを重ねて、

将来起こりうる様々なリスクを想定した契約書が作成されなければなりません。

 

当事務所では信託の企画立案から、契約書の作成、実際の信託の運営管理までを

トータルでサポートいたします。

 

まずはお気軽にご相談ください。